ホーム

»

業務案内

»

技術例

»

シーケンス制御技術例(USBライター編)

シーケンス制御技術例(USBライター編)




機器構成
シーケンサー: 三菱電機製 Q02UCPU
タッチパネル: 三菱電機製 GT1565
USBリード/ライター: USBリード/ライター
メディア: 汎用USBメモリ 2GBまで

シーケンサーとUSBリード/ライターはRS-232Cを使用して接続しています。
リード/ライターは機器を変えればCFカードも利用できます。

概要

シーケンサーが外部メディア(USBメモリ等)にCSVファイル形式で書き込み。
書き込み方は最後の行から1行ずつ追加します。
書き込む内容はタッチパネルから入力出来る文字です。

ポイント

書き込んだCSVファイルは、外部メディアを通して、PCからも観覧、編集が可能です。
読み込み機能を使用すれば、新規登録しながら最新のレシピデータを使用する事も可能です。
空きのあるセルなども詰めず(意識せずに)に書き込む事が出来るので、必要な列だけの記入で済みます。
データロガーにも使え、計測器等の記録だけでなく、個々の製品等に対しての異常履歴や作業記録など、トレーサビリティとしても幅広く対応できます。

ショッピングカート

無料相談フォーム

企業様・商社様へ

求人・人材募集

協力会社募集

産業用機械製作・電気制御システム・ロボットティーチング|メカトロニクスのユニテック・アルファ

〒373-0813
群馬県太田市内ヶ島町1096-1
TEL:0276-60-2244
FAX:0276-60-2245


大きな地図で見る

このページの先頭へ