ホーム

»

業務案内

»

ロボットティーチング

»

安川ロボット(モートマン)ティーチング技術例(データ転送編)

安川ロボット(モートマン)ティーチング技術例(データ転送編)




機器構成
シーケンサー: 三菱電機製 Q02UCPU
タッチパネル: 三菱電機製 GT1565
コントローラー: 安川電機製 NX100
ロボット: 安川電機製 HP-6

シーケンサーとロボット間は、CC-LinkとRS232Cで接続しています。

概要

CC-Linkのレジスタ転送機能を使用し、CC-Link4局分の16ワードを、ロボットの倍精度変数(D)に、符号に関係なく一括転送します。
繰り返すことにより何ワードも転送することが出来ます。

ポイント

RS232Cの伝送機能を使用するより何倍もの速度で転送できます。
ハンドシェイクを確実に行い、転送ミスを防ぐ必要があります。
もう少し工夫すれば、さらにスピードアップが期待できます。

ショッピングカート

無料相談フォーム

企業様・商社様へ

求人・人材募集

協力会社募集

産業用機械製作・電気制御システム・ロボットティーチング|メカトロニクスのユニテック・アルファ

〒373-0813
群馬県太田市内ヶ島町1096-1
TEL:0276-60-2244
FAX:0276-60-2245


大きな地図で見る

このページの先頭へ